永久歯が生えてくるのが早いのは、食べ物と関係が見られますか?

◆症状の細部

風邪をひくとよく急性中耳炎になり、小児科や耳鼻科に連れて行ったのですが、中耳炎ではなく、あごか歯にトラブルがあるのではないかとのこと。大阪心斎橋駅より徒歩5分と言うロケーションのミント歯科は、インプラントに定評があります。インプラント専門医が行う手術は技術力と信頼感がまるで違います。

歯医者で受診し、奥の永久歯が生えてきていると言われました。

永久歯が4歳で生えるのは珍しいと言われたのですが、何か原因がありますか?

それに、今から先に奥歯の永久歯が生えることで、歯並びによくない影響が出るのではないかと心配です。

小さいときにも上下4本ずつ前歯が生えてから、一気に奥の歯が出てきたこともありました。

「ウインナーやお肉ばかりではなく、野菜を更に食べるようにするようにしてください」と言われましたが、食べ物が影響しているのでしょうか。

柔軟な物ばかりではなく硬い物(干しイモやするめのような)も食事させていたのですが、よくなかったのでしょうか?何を食事させて良いのか考慮してしまいます。最近では大阪の男性の方もホワイトニング治療を受けに来られます。ホワイトニングによって素敵な笑顔に変わることで仕事上でもプラスに働くことが多いと評判です。

◆先生からの回答

今日は歯の生え方に対しての質問です。
普通、6~7歳ごろから永久歯が生えてくるのですが、とりわけ食べ物と歯の生え方の関連はありません。

お子さんが健全であっても、個人差があり、早い段階で永久歯が出てくる場合もあれば、遅い場合も見られます。

この個人差の原因は不明で、とりわけ心配はないのですが、問題なのは思春期早発症や甲状腺機能亢進症(病気の一種)による早期生え変わりかどうか、ここだけを確認可能ならばというところでしょう。


◆永久歯の生える時期

世間一般的に6~7歳ごろから永久歯は生え始めます。
乳歯は前歯から生えてくるのですが、永久歯は奥歯(第一大臼歯:まえから6番目の歯)と前歯がほとんど同時期に生えてきます。インプラントには生まれ乍らの歯と同じく、歯の根っこを持つことにより、それが骨と一体化し、問題なく噛むことが叶うわけです。インプラント治療なら静岡市内の歯医者さんである「みまつ渡辺歯科医院」を推奨します。

因みに乳歯の前歯は0歳7~8ヶ月ごろから生えますが、1歳過ぎから2歳ごろまでに奥歯は生えてくるので続けて生えてくるように見えるケースが見られます。

こういった場合永久歯の生えるタイミングが早いと考察することができます。

◆永久歯に早く生え変わってしまう原因

原因がわからない(特発性要因)ものがいっぱいありますが、その他には思春期早発症や甲状腺機能亢進症、好中球減少症などが考察することができます。第2の永久歯と言われるインプラントは、自前の歯と同様な噛みごたえを感じることができる唯一の治療法です。

また外傷もこの原因になります。

思春期早発症はその読み通り思春期が早く来てしまうことです。
陰毛や腋毛が生えてきたり、胸が膨らんできたりといったことが思春期になるまえに起きてしまうことです。

その他に身長の伸び方なども違ってきます。
甲状腺機能亢進症や好中球減少症などは外見で見分けることは難しくて、血液検査などが求められます。

◆今日の場合

食生活と永久歯が早く生え換わることの相関関係はほとんど考えなくてベターだと考えています。

だけども、「体の骨格を作る」という意味ではバランスの取れた食事は大切です。
歯も骨格の一部と考慮してください。

上記のようなことで早期の生え変わりが起きることが見られます。
早急な対処が必要な疾患ではないので、受診する機会があったら相談されるとベターだと考えています。

耳が痛い時は中耳炎もたらしている見込みがいっぱいありますが、顎関節や頚部のリンパ節に炎症があったり、歯肉炎もたらしていたりしても同じく耳が痛い、という症状があるので耳鼻科や歯科でも確かめて貰うとベターだと考えています。

甘いお菓子等を食べ過ぎてしまったり、歯みがきを手を抜いて行うと、歯周病を招く菌が繁殖してしまい、プラークが繁殖し、その結果として歯肉炎が生じてしまうということです。
歯科医師が自宅訪問する歯科診療の場合では、該当処置が一通り済んだ後も口のケアのために、一定の頻度でかかりつけの歯科衛生士が、お邪魔させていただくことがままあってしまうのです。
親知らずを切除する時、かなり強い痛みを免れないことが要因で、麻酔を駆使しない手術を断行するのは、患者の側に過度な負担になると予想されます。
きちんとした日頃の生活を胸に刻み、唾液からの補修作業をもっと促進するという要所をよく考え、虫歯への構えに主眼をおいて熟考する事が思わしいのです。
インフォームド・コンセントの推奨は、病気の進行具合を詳細に捉え、それを解決する治療の実践に、前向きに努力するようにしましょうという信念によるものです。

インプラントは違和感を感じることなく、食事も健康な歯のように楽しむことができます。更に、その他の治療方法に照らし合わせると、顎の骨がやせ細っていくという怖さが不要です。
たとえ歯のホワイトニングをしないケースであっても、歯にできているヒビを放置すると、象牙質がもろくなり、呼吸時の空気や熱い料理が当たるたびに痛みを感じる場合があるのです。
口の臭いを抑制する効用のある飲みものに、コーヒーが知られていますが、多く飲みすぎるとなぜか口腔内がカラカラに乾燥し、残念なことに口の臭いの要因になる存在です。
歯の外側に歯垢が固着し、その部分に唾液の成分に含まれているカルシウムを始めとするミネラル分がくっついて歯石が生まれますが、その責任は歯垢にあるのです。
審美面からも仮歯は主要な存在です。両目の間をまっすぐに結ぶ直線と前の歯の端が直線でないと、顔の全体がゆがんだような感じを受けます。

インプラント対策のポイントは、入れ歯の問題を補足することや、自然に近い歯にすることや、インプラントをしていない他の健康な歯を防衛することなどが考えられます。
それは顎を上下左右に動かすのと一緒になって、左右にある顎関節に異音が聞こえるもので、この病気の症状では至って多く見られており、特に第一段階の頃に多く現れている顎関節症の状況です。
歯の表層にこびりついてしまった歯石と歯垢等の汚れを取るのを、デンタルクリーニングと呼びますが、こういう歯垢や歯石等は、痛い虫歯の要因と認められています。
唾の効果は、口内の浄化と細菌を防ぐことです。ですが、これだけではないという事です。歯を再石灰化させるには唾液がどうしても必要なために、分泌される量は大事な箇所です。
つい最近になって歯周病になる元凶を消し去ることや、大元となる菌に冒された病巣をきれいにすることによって、新しい組織の再生が期待できるような治療術が作り上げられました。